床のお手入れ方法〜床が変われば住まいが変わる

住めば住むほど愛着が湧く住まいって?

以前リフォームさせていただいたお宅におじゃましました。

ナチュラルなブラックチェリーの床にリフォームされたお宅です。

お手入れで何か困られてないか、その後どんな風に変化しているのかなぁ・・など気になっていたので、メーカーさんにいただいたクリーナーをお土産にお邪魔しました。

 

「週に2〜3回掃除機かけて、モップでササッと拭いてるだけよ〜」

奥様の言葉が信じられないくらい、美しい艶が出ていました。

施工から1年半経って、いい感じの味わいがでていたのには本当にびっくり。

 

ちなみに、リフォーム前はこんな感じでした。

パーケットフロアのいい感じの床だったのですが、年月とともにかなり傷みがあちこちに出ていました。

 

施工後がこちらです。

間取りや壁など全て変わっているのですが、やはり床の印象がかなり大きいことがわかります。

目にする面積が大きいですし、靴を脱いで生活する日本の場合は特に重要だと思います。

 

お客様から「この床、ほんとにいいわ。掃除も楽やし、居てて気持ちがいいから」と喜ばれていました。

本当にいいものをおすすめしてよかった〜と思いました。

 

ちなみにこれは、朝日ウッドテックさんのライブナチュラルブラックチェリーの床材です。

ライブナチュラルについては、こちらをご覧ください。

木について、商品について、とってもアツく語っておられます。

ものすごい情熱を持って作られている商品というのがわかりますよ^^

 

今回のお手入れに使ったのはライブナチュラル専用クリーナー

油汚れやペットの汚れが気になるところに使えます。

 

乾いた柔らかい布に適量を染み込ませて拭くだけ。

あとは乾いた布で乾拭きするだけ。

 

これだけで美しくきれいな艶になります。

薄めたり、液を作ったりしなくてもいいのでとっても簡単でした。

木のフローリングにおすすめです。