カーテンレールの選び方

”普通のカーテンレールといってもいろいろな種類があるんです”

「さぁ〜窓辺にカーテンを吊るそう!」


というときは、レールが必要です

マンションなどでは、最初からついてる場合が多いですが、一戸建て住宅などではレールはついてない場合が多いです。

 

ついていないと、シェードにしたり、装飾レールなど、いろいろな場合に対応できるのがよい点ですね

レールを新しくつける場合で、あまり目立たないし、カーテンに予算を使いたいので、「レールはなんでもいいわ」という場合は、TOSO(トーソー)のネクスティがいいです。

 

 

理由は、ただ一つ

めっちゃ静かだからです

 

 

毎日カーテンを開けたり閉めたりするので、やはり、音は静かな方がいいです。

気になりだすとやはりウルサイですから・・

 

図は、メーカーさんのカタログにも載っているものですが、実感として、ホントに静か〜です。

 

あと、スムーズにひけるのもいいですね。

それから頑丈なのも・・ちょっとやそっとでは曲がってきたりしないです。

 

・・・ただ一つじゃなかったですね^^;

 

やっぱり毎日使うものですから、ちょっとした違いが大違いの典型的なアイテムです。